木造の匠
Wooden craftsmanship

〜高品質・低価格が実現する家〜

オリジナル製作のホワイトアッシュ
化粧枠材が人気のヒミツ。

一般的にスギやヒノキが人気ですが、柔らかくキズがつきやすいという難点があります。

その点、ホワイトアッシュは硬くて重い材質ですが、粘りがあり乾燥させると非常に丈夫で衝撃や摩擦に強いのが特徴です。

色は白っぽく、うっすらと木目が入っており「和風」にも「洋風」にも合わせることができます。弊社では既製品ではなく、それぞれの建築に合わせたオリジナル加工を行っています。

大工の「手刻み」で建てる
本物の木造住宅。

プレカット工法がスタンダードな現代。弊社は「手刻み」にこだわっています。

梁や桁、柱などそれぞれの材の接合部に「継ぎ手」や「仕口」という凹凸加工を手作業で加工をほどこすことを「手刻み」といい、それを立体パズルのように組み上げ、家の骨組みをつくっていくのです。

プレカット工法ではできない複雑な加工など、木材を見極め、それぞれの材がもつ特性を活かして、適材適所に番付をしていくことができます。

自社で作業場を持っているので
営業と職人のキョリが近い。

弊社では、営業事務所の他に、木材の加工をする作業場と、木材の保管庫を持っています。それらは全て道を挟んだ、数十歩のキョリに。

お客様と職人の間をとりなす営業にとって、お客様のご要望を間違いなく伝えたり、職人の裏の作業まで見られることで、お互いのコミュニケーションがはかれ、結果的に間違いのない良いものが出来上がるのです。

立地の距離だけでなく心のキョリも近く、思いを一つに。

高品質なのに低価格なのは
無駄な費用をかけていないから。

「注文住宅なのに、なんでこんなに低価格にできるの?」とお客様によく聞かれることがあります。それは「自社施工」であることと、「営業・広告費」をかけていないからです。

多くのハウスメーカーでは、営業に力を入れ、人件費はもちろんメディアなどへの広告費もかなりかけています。

その点、弊社は、そのような「不透明な経費」が一切ありませんので、お客様により良いものをより低価格でご提供できるのです。